売値が80円50銭

「スプレッド」とは外為取引は外貨を売買の注文をして差益を稼ぐ商品です。糖ダウン

トレードの値は1日中動いています。ハッピーメール

これが為替相場です。天使のララ

インターネットでニュースをみていると、為替レートの情報が流れます。スルスル酵素 楽天

例としてあげると、「現在のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。蟹 一 肩

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという意味ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを表示しています。プリンセススムージー★ダイエット効果の高い燃焼系成分配合のスムージー!

つまり、FXには買値と売値の両方の値段が存在します。浜松 脱毛

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示する業者も存在しています。スマホ乗り換えキャンペーン

いつもは売値のほうが買値よりも安い価格になっています。

あなたが買値は高く、売値は低くなるのが普通です。

この差額をスプレッドといい、FX業者の収益といわれています。

スプレッド幅はFX取引会社によって違います。

スプレッドの幅は出費になるので低い取引業者を選択したほうが有利になります。

ただし、同じ業者でも場面によってスプレッドの広さは変動します。

仮にドルと円の通貨ペアで1銭のスプレッドの狭さとは言っても市場の上下がかなり激しいときには広くなったりする状況があります。

という訳で、スプレッドの広さが狭いのと共に変化しないのが大切です。

最近では動かないスプレッドの差を提示する取引業者も多数あったりします。

実際にFX会社の取引画面内で実際のマーケットを調べなければわからないので億劫ですが、大事な事です。

貴重な資金を使って売買しますので実際のトレードの前に、関心がある取引会社の新規取引口座開設を全てして、提示されているスプレッドをチェックしましょう。

同じ通貨でも、そのタイミングの為替の変動率によって、通貨ペアのスプレッドの広さは変わります。

いつもはインターバンク市場で売買高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッド幅が狭く残りのペアではスプレッドの広さが大きくなるのが一般的です。

Link

Copyright © 1996 www.amuzebistro.com All Rights Reserved.