www.amuzebistro.com

貧血予防のために鉄分の摂取が重要とされていますが、貧血を予防するために必要な栄養素は他にも存在しています。例えば鉄分を吸収しやすくするための、サポート的な役割としてビタミンCがあります。鉄分は腸管から吸収されるのですが、その時に十分なビタミンCがあった場合、最適な形で鉄分を吸収することができるのです。食材の中ではほうれん草や大豆には、吸収されにくい非ヘム鉄があります。その非ヘム鉄はビタミンCが存在していることで、吸収率が高いヘム鉄に変化します。ですから、ビタミンCを日常的に摂取していくことで、貧血予防を助けることができるのです。しかし、ビタミンCを摂取する際にも問題はあります。ビタミンCの性質上、過剰摂取した場合、その過剰分が尿と一緒に排泄されてしまうので意味がないということです。つまり、一度の食事でビタミンCを大量に摂取するよりは、何度かに分けて取り入れるほうが効果があります。毎日三食の食事で、バランスよくビタミンCを取りましょう。

Link

Copyright © 1996 www.amuzebistro.com All Rights Reserved.