www.amuzebistro.com

私は、中学生の時、学習塾に通っていました。 受験5教科の講座を受講しており、それなりにやる気はあったので成績は平均よりはなんとか上を保っていたのですが、その中でも伸び悩んでいたのが社会でした。 日本史はまだストーリー性があるので暗記も苦にならなかったのですが、大嫌いだったのが地理。 学校でもただただ川や平野、農業や産業、地名を詰め込みで暗記させられるのが苦痛で、苦行にしか感じられませんでした。 塾でも点数が伸びず理由を聞かれ「意味のない暗記だから楽しくない、どうしても覚えられないんだ」と叱られる覚悟で言うと、先生が「それは違う。川があるから水が引ける。水が引ける平野だから農業が出来る。農業をするから特産物が米になる。全部つながっているんだよ」と九州地方の同じ白地図を何枚も持ってきてくれました。 1枚には山や川や平野を、2枚目には農業を、3枚目には産業を書き入れて見比べるよう言われました。 確かに先生の言うとおり、地理とそこにすむ人々の暮らしがつながっているよう、ストーリー性を感じました。 それから地理の受験勉強も苦ではなくなりました。 勉強もやりかたひとつですね。

Link

Copyright © 1996 www.amuzebistro.com All Rights Reserved.