www.amuzebistro.com

民事再生という方法は住宅ローンなどを含む多重債務の問題に悩んでいる人々をターゲットに住居を維持したまま金銭的に立ち直るための法的機関による債務整理の処理方法として適用された手段です。この法律には、破産申告とは違い免責不許可となる要素はないので、賭け事などで借金したようなときでも民事再生はOKですし破産申請をした場合は業務停止になるような業界で仕事をしている場合等でも制度の活用が可能です。破産申告では、住宅を残しておくことは考えられませんし、任意整理と特定調停では元金自体は返済していかなくてはなりませんので、住宅のローンもある一方で返済をしていくことは実際のところは難しいと思われます。民事再生という方法を選択することができれば住宅ローンなどのほかの負債については相当な金額を減らすこともできますので、余裕を持ちつつ住宅ローンなどを返しつつ残った借り入れ分を支払っていくことも可能ということなのです。しかし、民事再生という手段は任意整理による手続きまたは特定調停といった方法と違ってある部分のみの債務を除外して手続きをすることは不可能ですし自己破産においてのように借り入れ金それそのもの消えるということではありません。また、別の処理に比べ手続きの手順がめんどうで時間が必要ですので住宅ローンを持っていて住んでいる家を維持していきたい場合などを除き、破産等といったその他の方法がない場合だけの限定された解決策としておいた方がいいでしょう。

Link

Copyright © 1996 www.amuzebistro.com All Rights Reserved.